琳空館の掲示板 2020年9月28日

 

 

1947年の日本人の平均寿命

男性50.0歳 女性53.9歳

 

 

明治時代中頃の日本人の平均寿命は

男性42.8歳 女性44.3歳

だったそうです。

 

日本が戦争の時代に入った

1935年から36年にかけては、

男性が46.9歳で、女性が49.6歳。

 

 

もちろんこれは平均の数字であって、

現代のように

医療技術が高度に発展するまでは、

乳幼児の死亡率が高く、

生まれてすぐに亡くなるというケースが

少なくなかったようです。

 

 

国家間の戦争で亡くなられた若者も

数多くいらっしゃいました。

 

 

 

日本人の平均寿命は、

戦後から経済成長期にかけて延び続けて、

 

 

1947年には

男性50.0歳 女性53.9歳

 

 

1960年には

男性65.3歳 女性70.1歳

 

 

 

 

そして2018年には

男性81.2歳 女性87.3歳

 

 

 

いまや「人生100年時代」も

まじかなのかもしれません

 

 

 

さあ これから 死ぬまで

 

 

どう生きましょうか

 

 

 

 

参考図書:島田裕巳 著『捨てられる宗教』
(2020年9月SB新書発行)

 

写真:押切基之