未来につながるお寺であるために

頁: 1 2 3

平成28年(2016)8月
整備着工前の慶集寺境内地
[旧本堂・墓地]

お寺は本来、人々が仏教を学び勤めるための場所としてあります。

そして、仏の教えの象徴としてある「ご本尊」を、永代にお護りするための場所でもあります。

しかしながら、旧来からの伝統的な工法で建設された「伽藍(がらん・木造寺院建築)」を維持していくためには、その修繕費用が継続的に必要となります。

ご本尊を拠り所として、人々が集うための建築物が寺院施設です。そしてその維持管理にかかる経済的な負担は、お寺にとって避けられないものとしてあります。

そこで慶集寺では、持続可能な寺院経営の建て直しを目的として、

老朽化した旧本堂の解体と「境内墓地」の整備

現代的な工法による頑強な構造の「新御堂」の建設

人が集まる場としての機能を高めるための「琳空館・会所」の改修

境内地外に取得した土地を墓地登記しての「共同寺墓」の建設

といった建設事業計画に、平成最後の数年間をかけて、取り組んでまいりました。

 令和、慶集寺の再生へ 

頁: 1 2 3