寺院施設維持懇志ご協力のお願い

お寺は本来、人々が仏教を学び勤めるための場所としてあります。

そして、仏の教えの象徴としてある「ご本尊」を、永代的にお護りするための場所でもあります。

しかしながら、旧来からの伝統的な工法で建設された「伽藍(がらん・木造寺院建築)」を維持していくためには、その修繕費用が継続的に必要となります。

ご本尊を拠り所として、人々が集うための建築物が寺院施設であって、その維持管理の経済的な負担は、宗教法人であるお寺にとって避けられないものです。

 

平成28年(2016)8月
整備着工前の慶集寺境内地(旧本堂・墓地)

 

そこで慶集寺では、持続可能な寺院経営の建て直しを目的として、

老朽化した旧本堂の解体と「境内墓地」の整備

現代的な工法による頑強な構造の「新御堂」の建設

集会施設としての機能を高めるための「琳空館・会所」の改修

境内地外に取得した土地を墓地登記して「共同寺墓」の建設

といった建設事業計画に、平成最後の数年間をかけて、取り組んでまいりました。


代々のご縁をいただく門信徒の皆様方からの多大なるご協力によって、これらの事業が無事に完了し、令和の時代の幕開けとともに、慶集寺を再生することができました。


江戸から令和までの家墓を管理する墓地区画「境内墓地」

 

預骨室が併設されている参拝施設「新御堂」

 

岩瀬大町通りに面する多目的集会施設「琳空館・会所」

 

浜黒崎海岸沿いにある合同埋葬墓所「共同寺墓」

 

ご縁の方々によって共有される、これらの寺院施設を積極的に活用して、今後も永続的に維持し、発展していくために、寄附金のご協力を呼び掛けさせていただきます。

慶集寺300年のつながりを
これから300年先の未来にまで
つなげていくために

寺院施設維持懇志をご寄進いただいた方には、慶集寺からの心ばかりの返礼をご用意しております。

 

◉3万円のご懇志には
慶集寺寺紋の意匠が施された[ぐい呑]もしくは[香皿]を進呈いたします

世界的に知られている高岡市の鋳物メーカー「能作」との共同制作による特注謹製品です。


◉5万円のご懇志には

新御堂内の壁面に一名様の
ご芳名を記した「寄進札」を掲示させていただきます



ご懇志をお振込みいただく場合には、
あらかじめ慶集寺までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

電話番号 : 076-426-9129

お問い合わせフォーム

銀行口座 : 北陸銀行 岩瀬支店
普通6013379 (宗)慶集寺

 


ご縁がつながりひろがって
みなさまのお志が集まって
よりよいお寺になるように

慶集寺再生の記録をご覧ください。