慶集寺三百周年

二十一世紀も十七年が過ぎました。仏教では「諸行無常」といいますが、この世の中に移り変わらないものは、何ひとつとしてありません。これまでには当然のようにしてあったものも、それがあることの必然性がなくなると、それは自然と形を変えて、いままでのものではなくなっていきます。これは自然の道理です。

やがて来る二十二世紀の時代、子や孫のその先の時代にまで「仏教」を伝えていくためには、持続可能な寺院であるための存在意義を、改めて捉え直す必要があります。

三百年間にわたって受け継がれてきた大切なものを、これから三百年先の未来にまで確かに伝えていくために、平成三十年(2018) 慶集寺から『寺院再生』の鐘を、新たに打ち鳴らし始めようと思います。

木仏本尊
(阿弥陀如来像)

約三百年に渡って慶集寺で護持されてきた「木仏本尊」は、浄土真宗本願寺派の仏師であった京都・岡崎「渡邊康雲」によって彫られた日本浄土教の伝統的な様式が見られる仏像です。

この御本尊を、日本の伝統文化を伝える仏教美術として、そしてまた慶集寺に集う人々の心のよりどころとして再生するために、平成二十九年(2017)修復作業が施されました。

阿弥陀如来像の本体は、三百年前の金箔が部分的に残った状態でほこりを落とし、破損していた手の指を修復しました。そして光背と台座の部分の金箔を貼り直し、蓮華座の部分は、欠損していた花弁を補修したうえで、京彩色職人の技巧で新しく塗り直しをしました。この御本尊を、平成三十年(2018)九月に完成予定の「慶集寺新御堂」にお遷しして、永代に渡って護持されるよう堂内に安置いたします。

御堂の新築に併せて、岩瀬大町に工房を構える木彫作家の岩崎努氏に、御本尊の背面を荘厳する木彫レリーフ作品の制作を依頼し、現在制作が進行しています。

岩﨑努 IWASAKI,Tsutomu

昭和47年 富山県南砺市(旧井波町)に生まれる
平成 7年 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業
平成 7年 多田美波研究所入所
平成 9年 南砺市(井波町)にて制作開始
平成20年 工房を富山市東岩瀬に移し「木彫岩崎」開業
平成22年 西福ギャラリー(東京・青山)にて初個展
平成23年 Collect2011(ロンドン)に出品
平成24年 6代目桂文枝襲名記念「桂文枝像」制作
平成25年 アートフェア富山2013にて準グランプリ受賞
平成26年 アートフェア東京2014に出品
平成27年 The best of Toyama Kogei Art and Design(ニューヨーク)に出品
軽井沢日動画廊にて「二人展」開催

主な受賞歴

平成12年 第四十七回日本伝統工芸展本展初入選
平成14年 第四十一回日本伝統工芸富山展にて最優秀賞受賞
平成19年 全国木彫刻コンクール井波にて富山県知事賞 受賞
他入選入賞多数

新築される御堂には、御本尊を礼拝の対象として安置した「参拝室」にあわせて、屋内納骨設備を配置した「預骨室」を建設し、ご遺骨の管理祭祀の代行を承ります。

富山市北部の海岸線、浜黒崎近辺には「古志の松原」と呼ばれる美しい黒松並木が、白い砂浜に沿って見られます。新御堂の完成後の平成三十一年(2019)には、東岩瀬から車で10分ほどの場所の松原の中に、「共同寺墓」の建設を計画をしております。慶集寺の共同寺墓は、お寺の仲間「慶集寺門徒会」で共有する「お寺のお墓」です。

お墓を拠り所として家族のつながりを大事にするということは、お寺が広く呼び掛けていかなければいけないことではありますが、ひとつの家にひとつのお墓を維持管理することがなくても、慶集寺門徒会で共有される「お寺のお墓」があれば、多くの方々のご遺骨に関するご相談にお応えすることができると考えています。

ご関心をお寄せいただいた方には、
「FAQと門徒会のご案内」
のご一読をおすすめいたします。
よいご縁を 合掌