慶集寺新御堂「納骨壇」のご案内

頁: 1 2

慶 集 寺 納 骨 壇

慶集寺(きょうしゅうじ)は、富山県富山市東岩瀬町に300年以上受け継がれている浄土真宗のお寺です。慶集寺の納骨壇(のうこつだん)は、代々にわたって承継してご利用いただける「屋内のお墓」です。

納骨壇を承継される方がいらっしゃらない場合にも、慶集寺の寺族が2050年までの30年間、責任をもってお骨瓶をお預かりして、2050年には【慶集寺共同寺墓】へ永代合同埋葬させていただきます。

納骨壇に収納できるお骨瓶の個数は限られていますが、【慶集寺共同寺墓】を併せて利用することで、年月を経たご遺骨から永代合同埋葬して、2050年以降にも継続して納骨壇をご利用いただくことができます。

 

限定32区画で未契約は
あとわずかになりました。

 

預骨室には、木製仏具式屋内墓「納骨壇」が、全32区画設備されています。区画の配置に上下が無く、充分に余裕のある広さとなっています。お盆やお彼岸の際には「預骨室」に一組づつご入室いただきますので、ゆったりとした空間で、屋内でのお墓参りをすることができます。

納骨壇は、ヒノキ材の白木仕上げで、観音開き扉の開閉式になっています。

幅120cm高さ100cm奥行き45cm骨瓶6体分の区画のご契約費用は100万円になります。残り区画わずか

幅80cm高さ100cm奥行き45cm骨瓶4体分の区画のご契約費用は80万円になります。残り1区画

納骨壇をご契約いただくには、慶集寺門徒会にご入会いただく必要がございますが、ご契約の費用には30年分の門徒年会費(1万円×30年=30万円)が含まれていますので、ご契約以降に年会費や管理費などをご納入いただく必要はございません。

よりくわしいご案内

 

 

 

頁: 1 2