来寺参拝法要のご案内

 

慶集寺は 慶(よろこび)集(あつまる)寺(てら)と書いて「きょうしゅうじ」と読みます

 

 

同じ「よろこび」でも 「喜び」や「悦び」は 個人的な感情のよろこびです

それに対して「慶び」は 公(おおやけ・世間・社会)における祝祭的なよろこびを表していて

それはつまり 人と人との出会いに生まれる「よろこび」を表しています

 

 

慶びの集まるお寺でありますように

 

  

 


慶集寺門徒会にご入会の方々には、慶集寺の参拝施設(新御堂・琳空館)を、年忌法要(四十九日忌・一周忌・三回忌・五十回忌等)の会場として、ご利用いただいております。

 

 

少人数(8名まで)でのご法要の際には、新御堂もしくは琳空館の、どちらか一つの会場でお参りいただけます。一つの会場をご利用の場合には1万円の施設使用料をお願いしております。

 

 

約20名までのご法要の場合には、琳空館を待合処、新御堂を法要会場として2つの会場を併せてご利用いただき、1万5千円の施設使用料をお願いしております。

 

 

ご法要後の会食やご歓談の場所として、琳空館に隣接する広間もご利用いただけます。

 

 

約10台分の駐車場もございますので、慶集寺の寺院施設を併せて活用すれば、ご縁の方々を慶集寺にお招きして、ご法要をお勤めすることができます。

 

 

仏前結婚式という
祝祭的な仏事儀式もございます

 

ご本尊を前にして
これから始まる人生の門出を
ご縁の方々とともに誓い 願う

 

おおげさにしなくても

お金をかけなくても

心のかよう結婚式は

慶集寺を会場にしてできます

 

みんなが幸せでありますように

たくさんのよろこびがあふれますように

よいご縁のつながりひろがる

慶びの集まるお寺でありますように

 

 

慶集寺施設のご利用についてのご相談は、住職までご遠慮なくお聞かせください。

話し合いを重ねながら、よい集いの場を創っていければ、幸いです。

 

お問い合わせはこちらです

[ 写真:本多 元 ]