さとりの樹を植えようプロジェクト

いまから2500年ほど前の昔お釈迦さまはインドの大地に立った菩提樹(ぼだいじゅ)の下に座して悟りを開かれ、その気づきを「ブッダの教え(仏教)」として世界に説き開かれました。

新御堂が建設された慶集寺の境内地の外構を整備して、仏教のシンボルである菩提樹を植えて、その下に集うためのベンチを設置するために、ご縁の方々にご懇志のご協力をお呼び掛けいたします。


ブッダ(さとり)のシンボルである菩提樹が
、慶集寺の地にしっかりと根を張り、枝を伸ばし、葉を繁らせ、確かな年輪を重ねていくように、みんなで大きく育てていきましょう。

晴れて慶集寺の境内地にさとりの樹を植えることができた暁には、岩瀬大町通りの琳空館から新御堂のある境内地まで「稚児行列」でお祝いして、未来を担う子供たちや若者たちとともに、記念の植樹式をしたいと思っております。

そしてその模様を、写真家・石黒健治氏に撮影していただき、寺院創建三百周年記念写真集『慶集寺再生』の最終章「結章・さとりの樹を植えよう」として創り上げ、完成作品を公開したいと思います。


さとりの樹を植えようプロジェクトへのご懇志は

【寺院施設維持懇志】

として有り難くお受けしております
みなさまのご協力を よろしくお願いいたします